新規トピックを開始

Playmakerのワープ位置や視点が変わってしまう。

playmakerでget position/get rotationとset position/set rotationを使ってワープさせています。playmakerとstudioの編集段階では狙った位置と角度にワープさせることができるのですがweb playerやOculusで確認するとワープポイントがずれていたり視点が90度回転してしまいます。 解決方法を教えてください。

コメント数: 1

FSMの実装についてですが

  1. ユーザ([VRTK]_VIVE or MainCamera)取得
  2. WarpPointAのPos/Rot取得
  3. ユーザをCube_MoveDistination方向に移動
  4. ユーザの移動が終わったらWarpPointAへテレポート →Set Rotatoinの対象がユーザ(MainCamera)になっていることをご確認ください。


STYLYのテレポートに関する仕様なのですが、詳細仕様はこちらにあります。 https://document.styly.cc/doc/docs/en/creator/playmaker/creator_playmaker_player_position/

一言で言うと、WebとVRで、Set Position /Set Rotationする対象となるGameObjectが違います


Webの時: ・Set Position=MainCamera ・SetRotation=MainCamera →ただし、カメラリグのRotatoin戻しロジックが発動するので、数秒間そちらの方向に向けなければならない

VRの時: ・Set Position=[VRTK]_VIVE ・SetRotation=MainCamera →VRの時は素直に向きが変わります。テレポート系はエラーが出やすいので、一旦SetPositionのみに仕様を絞ることをお勧めします。

もしもSetRotationも完璧に適応したい場合、VRのみ正常に動くという仕様にすると無理のない実装になります。

ログイン または 登録 コメント投稿のため